相続が起きたら?

「相続」とは、亡くなった故人(被相続人)の財産を、被相続人の親族
(相続人)へ引継ぎ、財産を引き継がせることを指します。

ご両親やご家族の死を体験すれば、一生のうちにほぼ全ての方が、
経験する出来事です。

相続手続きは、承継する財産にもよりますが、複雑で多岐にわたる為、
どこに相談や依頼をすればよいのかというご相談も、多々見受けられます。

相続が起きたら、まず「相続財産」をきちんと整理すること相続人となるべき
者を確定させること
です


 

@相続財産について

相続財産にはプラスの財産とマイナスの財産があり、また相続財産には該当しないものもあります。

被相続人にどんな財産があるのか、まずは整理しましょう。

 

プラス財産

・不動産(土地や建物)…住んでいた家・別荘・使用していない土地・賃貸しているものなど。

・金銭…現金のほか、通帳にある預貯金が該当します。

・有価証券…株券・手形・小切手などの他、ゴルフ会員権など。

・特定の権利…過払い金返還請求権・契約上の地位(名義など)

マイナス財産

・公租公課…未払いの住民税・所得税・固定資産税など。

・未払いの借金…借入金・手形債務・小切手債務など。

・特定の権利…連帯保証債務・保証金返還債務など。

プラス財産にもマイナス財産にもあたらないもの

・被相続人以外のものを受取人指定にした生命保険金

・墓地・仏壇・仏具・神具など祭祀に関するもの

 

A相続人について

image_rank00.gif相続人には、配偶者や子供など被相続人と一定の身分関係にある
人がなります。

配偶者が生きていれば、配偶者は必ず相続人になりますが、配偶
者以外については、その家族の状態により、次の順番で相続する
形となります。

@子ども(→孫→曾孫)

被相続人に子どもや孫がいる場合は、配偶者と子どもが相続して
父母や兄弟姉妹は相続しません。

A直系尊属(父母→祖父母)

被相続人に子どもがなく、父母等の両親や祖父母が残された場合
には、配偶者と父母等の直系尊属が相続します。

B兄弟姉妹(→甥、姪まで)

被相続人に子どもも父母等の両親も存在しない場合には、その
兄弟姉妹が相続します。



配偶者について 内縁の妻には、原則として相続権がありませんが、内縁の妻に相続させる旨の遺言がある場合や、法定相続人がいない場合には相続権が発生します。
(家庭裁判所に分与の申立が必要)
子どもについて 子どもの相続については、実子、養子の区別はありません
婚姻関係のある夫婦に生まれた子でない、非嫡出子については、認知をしないと親子関係が生じませんが、認知をしても非嫡出子には嫡出子の2分の1の相続権しかありません。
また、故人が亡くなったときに胎児であっても、生きて生まれれば相続人となります。
兄弟姉妹について 父や母だけを共通とする異父兄弟姉妹、異母兄弟姉妹の場合も相続権はありますが、相続分が通常の兄弟姉妹の2分の1になります

 

上記@〜Bの各ケースの相続分は基本的に下記のようになります。(法定相続)

どのケースも配偶者がいない(既に死亡している場合も含む)場合には、全体を@は子どもだけで分配し、Aは父母だけで分配し、Bは兄弟姉妹だけで分配することになります。

image_rank02.gif

 

なお、上記はあくまで特に相続人間で取り決めがない場合に相続財産の分配方法であり、これと異なる割合を相続人の間で自由に決めることも「遺産分割協議」を行うことで可能です。 

遺産分割協議についてはこちら

 

▲このページのトップに戻る